トータルヒーリング・ひかりの木は、大阪京橋にある完全予約制心と身体への優しいエネルギー調整(整体)ともみほぐしを行うヒーリングもみほぐしリラクゼーションサロンです。

大阪トータルヒーリング・ひかりの木のブログ

脱走した猫の捕獲方法

更新日:

まるまるHAPPYさまです^^

トータルヒーラーセラピストの玉野愛心です。

 

 

 

猫が脱走をしたことを最近の記事で書かせていただいていましたが、

無事、16日目に捕獲することができました!!!

 

 

室内飼いをしておられる方は外に出ないよういろいろと対策を行っておられると思いますが

ちょっとした不注意から出てしまうことがあるかもしれません。

そんな時のために少しでも参考になれば・・・と思い捕獲に至るまでのことを書かせていただきます。

 

 

今回2匹の猫が同時に脱走してしまいました。

1匹は初の脱走で、体温調整が必要な子だったのでかなり心配しましたが

翌日には我が家の車の下で鳴いてくれたので、ご飯を置いておびき出し、食べているところを捕獲しました^^

 

そして今回16日脱走していた猫。

この子は2度目の脱走で、1度目も捕獲まで2週間かかりました。

自分でご飯となるものを捕まえたりすることができず、

跳躍力もほとんどないので、前回帰ってきた時はガリガリに痩せてました。

ただ、この子の場合、家はわかっています。

わかっているのに、空腹になっても帰って来ない猫でした。

 

 

室内にいる時は、かなり甘えたで初対面の人でもゴロゴロと喉を鳴らして甘えるような猫なのですが、

外に出ると、家族の声や呼びかけにも無反応どころか、逃げるようになりました。

元々かなり繊細で神経質なところもあるので、神経過敏になってしまうのかもしれません。

 

毎日のように姿を見るし、隣の敷地に座っているのに我が家には近寄らない。

空腹になって自分の意志で帰って来るのを待とう!と思い、

毎晩深夜2時頃まで玄関を開けて待っていましたが、一向に帰って来ませんでした。

 

玄関を開けている間は、他の猫はドアノブのある部屋に閉じ込めているので、

日によっては6~8時間になり、猫ちゃんたちもストレスや不穏になり、近寄らなくなってきて、猫同士の喧嘩も増えてきました。

 

 

物音がせず、静かにしていると家の敷地に入ってくることがわかったので

子どもたちに静かにしているように伝えたので、子どももストレスが溜まっていきました^^;

 

脱走してから2週間を前にして、今いる猫、そして子どものことを考え

自分の意志で帰って来るのを待とう!

極限の空腹になったら帰ってくるだろう!と思うようにしました。

 

 

脱走してから、近所の猫好きな人には猫の特徴を伝え、

こういう猫が来ても、ご飯をあげないでもらいたいことをお願いしました。

 

そのお宅では外猫ちゃんがいるので、ご飯どきに姿を見せるようになっていることを

ちょうど2週間くらいの時に聞きました。

 

 

何を食べているのか?まったく食べていないのかわかりませんが、空腹には違いない!もう限界なのかもしれない!と思い

捕獲機を置こうかとも考えました。

でも庭に捕獲機を置いて、捕まえることができなかったら

我が家をますます警戒して近づくことすらしなくなる可能性があるので止めました。

 

その夜の献立は焼き魚でした。

魚の匂いに反応したのか、鳴き声が聞こえたので「もしかしたら食べに来るかもしれない!」と思い

玄関先にその子のお茶碗に魚を入れ、隣に座って待っていました。

近づいてきてもしばらくは気付いていないフリをして、食べることに集中したころに捕まえようとしたのですが、

魚だけ取られてしまいました^^;

 

次の日も隣家の敷地に座っていることが増えてきたので、ご飯を食べれるところはココ(我が家)しかない。

待っているのかもしれないと思い、深夜に玄関入ってすぐの所に鰹節を少量置き、

家の奥のご飯場所まで進んでくれたなら、その瞬間扉を閉めて捕獲しよう試みました。

 

少量の鰹節にしたのは、お腹が膨れる量を置いておくとご飯の場所まで行かず、引き返す可能性を考慮しました。

そしてもう1つ大事なことは、家に入ってご飯を食べていても気付かないフリをするということでした。

 

2度目はうかつにも目を合わせてしまい退却。

2度目は、鰹節だけを食べて退却されました。

 

〇脱走してから15日目

1度目、2度目とも鰹節だけを食べて退却。

でも2mくらいの距離に寝たフリをしている私がいても食べに来ることがわかりました。

まずは捕まえようとしていないと思ってもらうこと。

少量を食べることによって、食欲が増進すること。

ここはクリアーできつつありました。

 

 

〇脱走してから16日目。

鰹節を置かず静かに寝たフリをして待機しましたが

ちょっと奥の部屋に行っている時に、ご飯のある場所まで慎重に進んでいましたが、

玄関と反対方向の部屋に私がいたので物音に気付いて退却。

 

 

また作戦を変え、鰹節を置きました。

30分ほどしたら、またやってきて鰹節を食べて退却。

3度目も同じく30分ほどしたらやってきて、鰹節を食べて退却。

 

3度も来たのだから、また来るはず!

そう思い、また作戦を変えました。

同じ場所に鰹節を置き、そこからご飯の置いてある奥の部屋まで等間隔にカリカリを1粒づつ並べ

奥の部屋まで進んでもらおう!と。

 

 

この作戦が成功でした。

慎重に慎重に進む猫ちゃん。

どのタイミングで扉を閉めるか?瞬発力勝負でした。

奥の部屋まで行かず、引き返すかもしれない。

ここで失敗したら、もう家に入って来ないかもしれない。

わずかな時間にいろんなことがよぎりましたが、薄目を開け、猫が私を意識しているか?を確認しながら

タイミングを見計らって勝負をかけました!!!

半分くらい戸を閉めたところで突進して来られて、とっさに猫を掴み奥の部屋に投げてしまいましたが^^;

無事、捕獲できました^^

 

でも私は悪者になってしまったようで、私の顔を見ると逃げますが・・・

ヤレヤレ・・・という感じです^^

 

 

 

 

こんな捕獲方法もあると、参考になればいいのですが・・・

 

そうそう、捕獲機ですが

市によって違うかもしれませんが、市の犬猫課で貸してもらうことができるようです。

 

 

 

 

 

 

 

-DailyHappy日記

Copyright© 大阪トータルヒーリング・ひかりの木のブログ , 2019 All Rights Reserved.