トータルヒーリング・ひかりの木は、大阪京橋にある完全予約制の心と身体への優しいエネルギー調整と、ゆるもみ・よわもみを行うヒーリングもみほぐしリラクゼーションサロンです。

トータルヒーリング・ひかりの木 〈大阪・京橋〉

自分の内側に眠っている霊性を思い出すのに、期限はなし

投稿日:

まるまるHAPPYさまです^^

大阪(京橋)のゆるもみ・よわもみ専門のトータルヒーリングサロン””ひかりの木”のオーナーの愛湖です^^

 

スピリチュアルなことに意識を向け始めた頃からずっとある想い。

 

霊性を思い出すのに期限はなく、みんな平等にそれぞれの歩みで思い出していけばいい。

 

 

この言葉というか”平等”という言葉が今もずっとあって、高次からのメッセージだったのか私の想いなのか今やわかりません^^;

でもね、〇〇までに、ここまで霊性を高めなくてはいけないとかはないと思うんです。

期限を決められることで少しでも霊性を高めていこう!と思う人もいる。

それはそれでいいと思うし、霊性を高めてライトワークをされる方が一人でも一日でも早い方が地球にとってプラスになることだとも思います。

 

 

期限付きだとすれば、赤ちゃんや子どもたち、これから産まれてくる赤ちゃんはどうなるんだろうなぁ?と思うんです。

いろんな環境化、周りの人々との関わりの中で、すべての赤ちゃんや子どもたちが観念や自我がまったく育つことなく、霊性さを持ったまま育っていく割合って、100%ではないと思うんです。

そうだとしたら、その子どもたちは俗に言うアセンションの波に乗れないってことになるなと思います。

 

人として生きて行こうと決める高次の存在。

その存在から見ると、最初からディセンション覚悟で来ることになります。

自己犠牲をしてまで、私なら行きたいとは思いませんし、勇気ある愛だとも思いません^^;

何よりスピリチュアルや精神世界のことを、まだ知らない子どもたちの大半はアセンションできないことになります。

 

 

いつでも誰でも、いつからでも霊性さを思い出していけることが平等なことのように思います。

まだ宇宙のしくみの一部分しか見えていないのかもしれませんが、そんなことを思っている私です^^

 

 

高次と繋がることだけを見るのではなく、目の前をしっかりと見つめ

自分の軸を保つことをしながら、日々の生活の中から自分の中にある観念や自我を手放していく。

スピリチュアルだけを見ていると、見えることもありますが、見えなくなることもある。

 

はい、私の体験談です^^;(チャンチャン♪)

 

 

 

 

 

-魂の原点回帰

Copyright© トータルヒーリング・ひかりの木 〈大阪・京橋〉 , 2020 All Rights Reserved.